【ハワイで働く】シリーズの他に、これから【ハワイで暮らす】シリーズもスタートしたいと思います!

どの島に住む?

「ハワイ!」と言っても、メインの島が7つあり、その中でも人が住んでいるのは主に6島。日本人に馴染み深い島は「オアフ島」です。

では、私の勝手な主観で島ごとの特徴を見ていきましょう!色々書きたいことがありますが、まずは「住む」というテーマで書いていきます。

今回は、私が住んだことのある3島を!

オアフ島

IMG_1648

  • 在ハワイ日本人が多いため、日本食スーパー等が豊富で日本食が手に入りやすい。
  • 多種多様な人種が住んでいるため、レストランの種類も沢山!
  • パブリックの交通手段が島中を網羅しているため、車がなくても生活できる。
    • 島のどのエリアに住んでいるかにもよります。例えば、ワイキキに住んでワイキキに通勤の場合は車必要なし(駐車場が高い)。
    • 家の値段がホノルルに比べると下がる郊外(アイエア、パールシティー、カネオヘ、ミリラニなど)に住むと車必須。
    • UH(ハワイ大学)や語学学校に通う場合は、バスで十分対応できる。
  • イベントやソーシャルな場がネイバーアイランドに比べて多い。
  • 日本語が話せると仕事も探しやすい。
    • ワイキキのホテル、お店、レストラン、旅行会社などは日本人観光客相手のところが多いので、日本語が話せると雇ってもらいやすい!(もちろん英語も)
  • 4年制大学がいくつかある(※学校については、また別記事で詳しく!)
    • 1番大きな大学がUniversity of Hawaii at Manoaで、メジャー(専攻)やプログラムも豊富。ただし、International Student(留学生)は学費が日本の私大の倍以上。州立の大学のため、留学生には奨学金も出にくい。
    • 次に大きな大学がHawaii Pacific Universityで、こちらはヨーロッパを含めて留学生も多い。私大のため、奨学金が出やすい!
    • その他、Chaminade University of Honoluluがカイムキにあったり、やBYU (Brigham Young University)がノースショアにある。
  • 医療機関やカウンセラー、弁護士や会計士など、日本語でのサービスや診察を受けられることもある。

マウイ島

IMG_3027

  • 日本人観光客があまりいないため、日本人相手のビジネスは少なめ。
    • 大手の旅行会社もマウイにオフィスがあるが、求人は滅多になし。
  • 西マウイ(ラハイナ、カアナパリ、カパルア)と南マウイ(キヘイ・ワイレア)はホテルやタイムシェアが多いため、ホスピタリティー業界の雇用は多い。
  • 住むエリアによって、天候が違う。
  • 公共バスのMaui Busが走っているが、1時間に1本程度。車がないと生活は厳しい。
  • カパルア空港にOhana by Hawaiianが就航したため、西マウイに住んでいてもホノルルまで気軽に行けるようになった。
  • UHMC (University of Hawaii Maui College)があり4年制大学になったが、Bachelor’s Degreeのメジャーは3つとまだ少なめ。短大過程はメジャーも豊富。
  • ラナイ島やモロカイ島もCounty of Maui(マウイ郡)の管轄。
    • ラハイナからフェリーでラナイとモロカイに行くことができる!
  • Outlets of Mauiというアウトレットモールがあり、普通で買うよりお得!

ハワイ島(ビッグアイランド)

IMG_2718

  • メインの島で1番大きいため、島内の移動は時間がかかる。
    • 移動距離が長い=ガソリン代がかかる。車は必須!
  • オアフに次いで日本人観光客が多い。日本人相手のビジネスもそこそこある。
    • オアフと同じく、ホテル、タイムシェア、不動産、ツアー会社、旅行会社、小売りなど。
  • 住むエリアによって天候が異なる。
    • 島の西側のコナは年間を通して晴天率が高く、東側のヒロは雨がよく降る。
  • 4年制大学のUniversity of Hawaii at Hiloや、コミュニティーカレッジがある。
    • コナに分校もあるが、メインのキャンパスはヒロ。
  • ホテルはコナ、フアラライ(フォーシーズンズ)、ワイコロア、コハラコーストに主にある。島の西側に集中しているため、ヒロから通う人も多い。
    • ヒロから島の西側へは、ダニエル・イノウエ・ハイウェイ(通称サドルロード)で約1時間半。サドルロードは夜になると霧が出たり真っ暗になるので、運転には要注意!
  • とにかく広くて自然がいっぱい!街にヤギが出ることもよくある。
  • 年に1回(毎年10月)トライアスロンの世界大会があり、その日は出かけたくなるほど道が通行止め。

3島に住んで思うこと

どの島も違った良さがあって、住んでみないと分からないことも沢山。今どの島に住もうか迷っていたり、引っ越しを考えている人がいたら、「自分がどういう生活をしたいか」を整理してみると、きっと自分に合う島がどこなのか分かってきます。

もちろん、家族やパートナーとの関係で自分が希望するところにはいられない人もいると思うけど、それはそれで大丈夫!時間はかかることもあるけれど、だんだんと慣れてきて居心地が良くなってくるものです。そして、ハワイはどの島もとっても綺麗!

人生の中でハワイに住むチャンスがあったこと、とても幸せに思います。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s